独り暮らし転勤中央の夫と大学生の子どものなんとなくほのぼのしたダイアログ

今、ダディが独り暮し転勤やるアパートでは、単に身内LINEで課題するのが終始なっているのですが…

最近、生徒のお子さんからこうした注釈が。

「もしもし、ハリネズミ可愛くない?あたい、馬鹿飼いたい!」

我々は即座に応戦。「確かに美しいけど、あんたカレッジとアルバイトと集団で全くいないでしょ?加勢するのはお母様に決まってるんだから!それに、あんたが散らかし放題してるからゲージを置く部位も弱いよ」

ダディはさっぱりコメントにはいってきません。

お子さんは多少、ほしいほしい〜!とごねていましたが、夫人に相手にされないので「しょんぼり」と書いたスタンプを押してこういうストーリーは終わりました。

ダディも既読はついていたけど、最後までストーリーにはいってこなかったので興味ないのだなあと思っていました。

すると、数日帰路お子さん宛にAmazonから積荷が届きました。

差出人呼称も無く、何も頼んだ物覚えもないので「何?」と言いながら開けてみるとそこには…

ハリネズミのぬいぐるみがはいっていたのです!!

どうも、飼えないけどこれで我慢してね!とダディが送ってくれた系でした。

さりげない優しさに和んだ夜間でした。http://www.infocarte.org/datsumolabo-speedcourse.html

独り暮らし転勤中央の夫と大学生の子どものなんとなくほのぼのしたダイアログ