物語のトーラストトーレストの扉を開けてからの話などをします

主人公たちは、そのマルボタンを、2つ同時に、二人で押して、扉を開けて、意外とすぐに開いたよな、確かに、などと話をしています。それから、主人公達は、その扉の先に進み、正面を見てみると、三角形の形の機械が、いくつもその周辺にあります。ん、何だあれは、などと話をしている間にも、その三角形が、ゆっくりと、中央の三角形に、向かい左右から、同じ速度で、近づいていきます。三角形の機械の向きは、2種類で、先端が、細いのが、手前と、逆に、平面が下で、細い方が上の向きのがあります。それが、二つ真ん中に、くついた瞬間に、ビームを、主人公たちに、放ってきます。平面が、下の方のは、レーザーの出るとこが、2か所あります。危ないよけろと、主人公たちが、メンバーたちに、少し大きな声で、危険から身を守るようにと、注意をうながします。分かった心配してくれてありがとうと、言い、あと少しで、ぶつかりそうなとこを、ギリギリで、何とかよけたりもしているメンバーもいます。ミュゼ タダ

物語のトーラストトーレストの扉を開けてからの話などをします