株式投資は「損切りは早く行い、利益確定は遅くすべし。」

株式投資は「損切りは早く行い、利益確定は遅くすべし。」と書いてあるブログや書籍は多数あります。それではそのようにするためには具体的にはどのようにやればいいのでしょうか。
そのやり方は実は簡単なのです。株式を購入してしばらく経っても株価が上がらない銘柄は損切りでも利益確定でもして、株価が上がっている銘柄をさらに買い増しを行なうのです。
多くの個人投資家は株式投資とは株が安い時に購入しようと思って逆張りを行います。しかし、安値で株式を買おう買おうとすればするとど値下がりしている銘柄しか購入候補が出てきません。
このようなやりやり方ではダメなのです。なぜならば、このような逆張りで購入した株というのは自分が株式を購入したところが底値になることがほとんどないからです。
ですから、反発を待って株式を購入しても大抵の場合は株は下がり続けるので、多くの含み損を抱えることになり「損切りは早く、利益確定は遅く。」を実践できないのです。http://www.xdms2017.org/musee-senaka/

株式投資は「損切りは早く行い、利益確定は遅くすべし。」