周囲に誰もいない暗い夜に人が倒れているのは結構怖い。

家の向かいのアパートに住むおじさんに「この間はどうも〜」って挨拶されたんですけどね。とりあえずお元気そうで良かったです。
そのおじさんがね、先日の雨の夜に家の前で倒れていてギョッとしたんですよ。
雨でずぶ濡れだし、急病かと思って慌てて声をかけたらただぐでんぐでんに酔っていただけと言う。
どれだけ飲んだのかは分かりませんけど、呂律は回ってないしフラフラしてまともに立つことも出来ないし、すぐ近くの家に帰るのすら無理では?と思う状態。
家まで運んであげた方が良いだろうなと思ったけど、女の自分が一人で泥酔状態の成人男性を支えて歩くのは考えるまでもなく大変。
ついでに言うと急病ならともかく、たまに会話をする程度の酔っ払い相手にそこまでする義理もないですし。
無難な対処として、警察の方に電話をしておじさんを任せました。一応警察の方が到着するまでは側にいましたよ。ほっといて帰る訳にもいきませんでしたし。
おじさんはその夜の記憶はあまりないみたいでした。お酒好きみたいですけど、程々にしておいて欲しいと思いますね。自力で家に帰れないのはさすがにまずいでしょう。ミュゼ 鼻下

周囲に誰もいない暗い夜に人が倒れているのは結構怖い。